メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

Workbench 5データの暗号化、復号、ハッシングを行う

Version 2

はじめに

Workbench 5では、DataSet内のデータ列を暗号化することができます。DataSetがDomoに引き込まれた後は、[DataSetデータアクセス管理] 設定で特別なアクセス権を与えられているユーザーによって、Sumoテーブル内でのみ複合化することができます。Sumoに関する詳細は、「Sumoカードについて」を参照してください。 

Workbenchの暗号化機能に関するホワイトペーパーについては、こちらをクリックしてください。Whitepaper_Domo+Data+Security+and+Encryption+Draft.pdf

Workbenchはハッシュ変換も提供します。これは情報を文字、数字、特殊文字の固定長の組み合わせに圧縮します。特定のユーザーが暗号化された値を復号することができる暗号化とは異なり、ハッシュは元に戻せません。データソースに、ユーザーに表示したくない情報を含む列が含まれている場合は、この変換を使用します。 

この記事では、暗号化とハッシュについて順に説明します。

暗号化変換を使用する

Workbench 5でDataSetのデータ列を暗号化するには、

  1. Workbenchで、左側のアイコンバーにあるwb5_jobs_icon.pngをクリックします。

  2. ジョブリストで、暗号化する列を持つジョブをダブルクリックします。 

  3. [変換] をクリックして、ペインのセクションを展開します。

  4. [変換を追加] メニューで、[データを暗号化変換] を選択します。

  5. wb5_add_transform_icon.pngボタンをクリックします。
    暗号化データ変換エディターが表示されます。

  6. [暗号化された列] メニューで、暗号化する列のボックスにチェックを入れます。

  7. (オプション)選択した列のデータを難読化したい場合は、[値を難読化する] をオンにします。
    難読化されたデータは、解読できる状態に再構成できません。

  8. 複合化の権限を持っている各ユーザーについて、次を行います。

    1. [ユーザーアクセス] リストでユーザーを探します。

    2. [無効] フィールドで省略記号(...)をクリックします。
      [データパスワード] ダイアログが開きます。

    3. [アクセスを有効にする] を「オン」に設定します。

    4. [パスワード] フィールドにパスワードを入力し、[確認] フィールドにもう一度入力します。

    5. [保存] をクリックします。

  9. ユーザーの管理が完了したら、[適用] をクリックします。

  10. ペインの上部にあるwb5_save_icon.pngをクリックして、変換を保存します。

次回ジョブを実行するときには、選択したデータ列がDomoのDataSetで暗号化されます。

 

Workbench 5で暗号化したデータ列を復号化するには、

  1. 暗号化された情報を使用してSumoカードエディターでDataSetを開きます。
    詳細は、「Sumoカードについて」を参照してください。

  2. 画面左のアイコンをクリックします。


    このアイコンは前のセクションの説明に従い、ユーザーによるDataSetの復号を有効にしたときのみ表示されます。
    パスワードを入力するためのダイアログが表示されます。

  3. 前のセクションの5-eの手順で入力したパスワードを入力します。

  4. [ロックを解除] をクリックします。

[編集] ビューで複合したカードを保存していても、カードをアクセスするたびにこの復号プロセスを行う必要があります。 

ハッシュ変換を使用する

Workbench 5でDataSetのデータ列をハッシュするには、

  1. Workbenchで、左側のアイコンバーにあるwb5_jobs_icon.pngをクリックします。

  2. ジョブリストで、ハッシュする列を持つジョブをダブルクリックします。 

  3. [変換] をクリックして、ペインのセクションを展開します。

  4. [変換を追加] メニューで、[ハッシュ値変換] を選択します。

  5. wb5_add_transform_icon.pngボタンをクリックします。
    ハッシュ値変換エディターが表示されます。

  6. [ハッシュされた列] メニューで、ハッシュする列のボックスにチェックを入れます。

  7. 必要なハッシュアルゴリズムを選択します。

  8. 完了したら、[適用] をクリックします。

  9. ペインの上部にあるwb5_save_icon.pngをクリックして、変換を保存します。

次回ジョブを実行するときには、選択したデータ列がDomoのDataSetでハッシュ値に変換されます。