メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Twitter Ads Connector

Version 5

 

はじめに

Twitter Adsとは、まだ自分のビジネスをフォローしていない潜在的な顧客にメッセージをツイートし、リーチを広げる広告サービスです。DomoのTwitter Adsコネクターを使用すると、アカウント、キャンペーン、資金調達、行項目、ツイートの統計情報データを取得することができます。Twitter APIの詳細については、Twitterのドキュメント(https://developer.twitter.com/en/docs)を参照してください。

Twitter Adsコネクターは「クラウドApp」コネクターであるため、クラウドに保管されたデータの取得が可能です。Data Centerのウィンドウ上部にあるツールバーで[クラウドApp]をクリックすると、Twitter Adsコネクターや他のクラウドAppコネクターのページにアクセスできます。

このトピックでは、Twitter Adsコネクターのユーザーインターフェースに固有のフィールドとメニューについて説明します。DataSetの追加、更新スケジュールの設定およびDataSet情報の編集に関する一般的な情報は、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。

主な使用事例

このコネクターを使用すると、Twitterの広告を使用しているインプレッションや、自身のリーチの状況を確認できます。

主なメトリクス

  • エンゲージメントの合計数

  • インプレッションの合計数

  • リツイートの合計数

  • 返信の合計数

  • 「いいね!」の合計数

  • フォローの合計数

  • お気に入りやエンゲージメントなどのクリックの合計回数

  • 正当なインプレッションの合計数

社内における主な権限

すべてのマーケティング権限

平均導入時間

10分以下

使いやすさ(1~10段階。1が「最も使いやすい」)

2

ベストプラクティス

  • 追加の代わりに置き換えを使用するDataSetを作成し、1回あたり過去3〜7日間のデータのみを取得します。

  • 再帰的DataFlowを使用してデータの重複排除と追加を行います。詳細については、「再帰的/スナップショットのMagic ETL DataFlowを作成する」を参照してください。

必要条件

Twitter Adsアカウントに接続してTwitter Ads DataSetを作成するには、以下が必要です。

  • Twitter Adsアカウントにログインするために使用するTwitterアカウント。

  • Twitterアカウントへのログインに使用するパスワード。

Twitter Adsアカウントに接続する

このセクションでは、Twitter Adsコネクターページの[認証情報]および[詳細]ペインのオプションについて説明します。このページ内の他のペインに含まれるコンポーネントである[スケジュール設定][DataSetに名前を付け、説明を入力]に関しては、ほとんどのタイプのコネクターで共通しています。詳細については「データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。

[認証情報]ペイン

DomoのTwitter AdsコネクターはTwitter Adsへの接続にOAuthを使用しています。[接続する]をクリック(またはDomoにTwitter Adsアカウントがある場合は[アカウントを追加する]を選択)して、Twitter AdsのOAuth画面を開き、Twitterアカウントに関連付けられている認証情報を入力します。有効なTwitter認証情報を入力した後は、いつでもDomoで同じアカウントを使用して、Twitter Ads DataSetを作成することができます。

コネクターのアカウントはData Center[アカウント]タブで管理できます。このタブに関する詳細は、「ユーザーグループを作成そして管理する」を参照してください。

[詳細]ペイン

このペインにはメインメニューの[レポート]の他、選択したレポートに応じて表示されるその他のメニューがあります。 

メニュー

説明

レポート

Twitter Adsレポートを選択します。以下のレポートが利用できます。

アカウントの統計情報

指定アカウントで実行されたキャンペーンに関する分析のサマリを取得します。

キャンペーンの統計情報

指定アカウントで実行されたキャンペーンに関する分析のサマリを取得します。

資金調達の統計情報

指定アカウントの特定の資金調達に関する分析のサマリを取得します。

行項目の統計情報

現在のユーザーがアクセスできる行項目に関する分析のサマリを取得します。

プロモアカウントの統計情報

現在のユーザーがアクセスできるプロモアカウントに関する分析のサマリを取得します。

プロモツイートの統計情報

現在のユーザーがアクセスできるプロモツイートに関する分析のサマリを取得します。

 

アカウント

データをクエリするTwitter Adsアカウントを選択します。

期間

1日のデータを取得するか、日付範囲を指定してデータを取得するかを選択します。

レポートの日付 特定の日付のデータを取得するか、日数を遡ってデータを取得するかを指定します(オフセット)。
特定の日付 データを取得する日付を選択します。
遡る日数 何日間遡った日をデータの取得日とするかを入力します。
開始日 日付範囲の最初の日付に特定の日付を設定するか、遡る日数を設定するかを指定します(オフセット)。
特定の開始日 日付範囲の開始日を選択します。
終了日 日付範囲の最後の日付に特定の日付を設定するか、遡る日数を設定するかを指定します(オフセット)。
特定の終了日 日付範囲の終了日を選択します。
開始日まで遡る日数 日付範囲の開始日まで遡る日数(オフセット)を入力します。例えば、[開始日まで遡る日数]10[終了日まで遡る日数] 5と入力した場合、レポートを実行すると、10日前から5日前までのデータが取得されます。
終了日まで遡る日数 日付範囲の終了日までの日数(オフセット)を入力します。例えば、[開始日まで遡る日数]10[終了日まで遡る日数] 5と入力した場合、レポートを実行すると、10日前から5日前までのデータが取得されます。

粒度

必要な粒度を選択します。例えば、粒度が時間の場合、開始日から終了日の範囲内のデータが時間ごとに表示されます。

セグメントのタイプ

必要なセグメントのタイプを選択します。

その他のペイン

スケジュール設定、再試行、オプションの更新など、このページにないセクションに記載のコネクターインターフェースについては、「  データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。

 

重要:Twitterでは最近、DomoがデータをDomoアカウントにインポートするために使用するAPIを変更しました。Domo ConnectionsチームはTwitter Adsコネクターを更新して新しいバージョンのAPIを使用可能にしたため、データはこれまでと同様にインポートできます。すべてのレポートには現在、廃止バージョンと更新バージョン(「v.1」とマーク)が含まれています。2016年6月30日以降、廃止とマークされたすべてのレポートは機能しなくなります。
新しいバージョンのAPIでは、Twitterの履歴がセグメント化されたレポートでは45日間、セグメント化されていないレポートでは90日間に制限されます。新しいレポートを早期に変更するほど、Domoでより多くの履歴を取得できます。
Twitter Adsコネクターを使用してアカウントの任意のDataSetの設定を更新する必要があります。これらのDataSetによって作成されたカードを検証し、正しく表示されるようにする必要もあります。 
DataSet設定の更新方法:

1. Data Centerで更新するDataSetを見つけて選択します。
2. [詳細]タブをクリックして、新しいレポートを選択します。
3. 変更内容を保存します。

Twitter Ads DataSetで作成したカードの更新方法:

1. Data Centerでカードを作成しているDataSetを見つけて選択します。
2. [カード]タブをクリックして、カードを表示します。
3. カードが正常に機能していることを確認します。

ご質問やサポートについては、Domoサポートにお問い合わせください。 
 
 
 
 
 
 

トラブルシューティング

トラブルシューティングは通常、認証情報に問題がないことを確認することから始まります。問題がない場合は、リクエストがタイムアウトしていないことを確認してください。常にすべてのツイートを選択して実行している場合、実行時間が長くなります。これらの問題が発生している場合は、取得するツイートの数や期間を調整してください。


DomoのTwitter Adsコネクターを使用して、アカウント、キャンペーン、資金調達、行項目、ツイートの統計情報データを取得しましょう。