メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Google Drive Serviceコネクター

Version 1

 

 

重要:DomoコネクターでOAuth認証を使用する機能にGoogleによって変更が加えられたことにより、新しいデータ接続を作成する際に、全てのユーザーがサービスアカウントキー認証を使用しなければならなくなりました。新しいGoogle Drive DataSetを作成するには、このコネクターを使用します。既存のGoogle Drive DataSetは全てこれまでどおり正常に実行されます。 

はじめに

Google Driveは、Googleが開発したファイル保存および同期サービスです。Google Driveを使用するとユーザーはファイルをクラウドに保存したり、デバイス間でファイルを同期したり、ファイルを共有したりできます。DomoのGoogle Drive Serviceコネクターを使用して、Google DriveアカウントからExcelファイルやCSVファイルを取得し、Domo DataSetとして出力します。Google Drive APIについての詳細は、ウェブサイト(https://developers.google.com/drive/)を参照してください。

Googleアカウントには、Data Centerから接続します。このトピックでは、Google Driveコネクターユーザーインターフェースに固有のフィールドとメニューについて説明します。DataSetの追加や更新スケジュールの設定、DataSet情報の編集に関する一般的な情報は、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」で説明しています。

必要条件

Googleサービスアカウントに接続するには、GoogleサービスアカウントのJSONキーが必要です。キーを生成するには、次の手順を実行します。

  1. GCP Consoleで、[IAMと管理] ページを開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインで [サービス アカウント] をクリックします。

  3. プロジェクトを選択して [開く] をクリックします。

  4. [サービスアカウントを作成] をクリックします。

  5. サービスアカウントの名前と詳細を入力します。

  6. [作成] をクリックします。

  7. [プロジェクト所有者] を選択します。

  8. [次に進む] をクリックします。

  9. [キーを作成] をクリックします。

  10. キーのタイプに [JSON] を選択します。

  11. [作成] をクリックします。

秘密キーがコンピューターに保存されます。  

Googleサービスアカウントに接続する

このセクションでは、Google Drive Serviceコネクターページの [認証情報] および [詳細] ペインのオプションについて説明します。このページの他のペインの項目である [スケジュール設定][DataSetの名前と説明] に関しては、ほとんどのタイプのコネクターで共通しています。詳細については、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」 を参照してください。

認証情報ペイン

このペインには、Googleサービスアカウントにアクセスするための認証情報を入力するフィールドがあります。下表は、各フィールドに必要な内容を説明しています。

フィールド

説明

サービスアカウントJSONキー

GoogleサービスアカウントキーのJSONをコピーして貼り付けます。キーを作成する方法については、上述の「必要条件」を参照してください。

有効なキーを一度入力しておくと、随時同じアカウントを使用して新しいGoogle Drive Service DataSetを作成できます。コネクターのアカウントはData Centerの [アカウント] タブで管理できます。このタブの詳細については、「コネクターのユーザーアカウントを管理する」を参照してください。

詳細ペイン

このペインでは、Google Driveアカウントのファイルのリストをインポートしたり、DomoにインポートするGoogle Driveファイルを指定して、データの表示方法のオプションを設定したりできます。

メニュー

説明

レポート

ファイルのリストをインポートするか(「Files」)、特定のファイルをダウンロードするか(「FileDownload」)を選択します。 

ファイルをどのようにして選択しますか?

Domoにインポートするファイルの選択方法を選びます。ファイル名やIDを自分で入力するには、[ファイル名を入力] または [ファイルIDを入力] を選択します。ファイルのリストからファイルを選択する場合は、[ファイルディスカバリー] を選択します。

ファイルID

インポートするファイルのIDを入力します。アカウント内の全てのファイルのIDを表示するには、「ファイル」レポートを実行します。

ファイル名

Google Driveからインポートするファイルの名前を入力します。 

ファイルディスカバリー

Domoにインポートするファイルを選択します。

MIMEタイプ

DomoにインポートするファイルのMIMEタイプを選択します。

どんなファイルタイプをインポートしたいですか?

ファイルをCSV、XLS、XLSXのいずれかから選択します。

ファイルのパスワード(オプション)

リクエストするファイルにアクセスするために必要なパスワードを入力します。 

シート名(オプション)

ファイルがあるシートの名前を入力します。シート名を入力しない場合、データはファイルの最初のシートから取得されます。

区切り文字

CSVファイルを解析するときに使う区切り文字を選択します。カスタム区切り文字を選択するには、[その他] を選択し、[カスタム区切り文字] フィールドに区切り文字を入力します。

カスタム区切り文字

CSVファイルを解析するときに使うカスタム区切り文字を入力します。タブまたはUnicode文字は\uxxxxの形式で入力します(例:\u005e)。 

引用文字

CSVファイルを解析するために使用する引用文字を選択します(二重引用符はCSV標準です)。カスタム引用文字を選択するには、[その他] を選択し、[カスタム引用文字] フィールドに引用文字を入力します。 

カスタム引用文字

CSVファイルを解析するときに使うカスタム引用文字を入力します。 

エスケープ文字

CSVファイルを解析するときに使うエスケープ文字を選択します。カスタムエスケープ文字を選択するには、[その他] を選択し、[カスタムエスケープ文字] フィールドに区切り文字を入力します。

カスタムエスケープ文字

CSVファイルを解析するときに使うカスタム引用文字を入力します。

ヘッダー開始行(オプション)

Excelファイルのヘッダー開始行を入力します。 

データ開始行(オプション)

Excelファイルのデータ開始行を入力します。 

スキップするフッター行(オプション)

Excelファイルの最後でスキップする行がある場合は、その数を入力します。 

その他のペイン

スケジュール設定、再試行、オプションの更新など、残りのコネクターインターフェースのセクションの詳細については、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。

よくある質問

データはどれくらいの頻度で更新できますか?

必要に応じて。

注意すべきAPI制限はありますか?

ありません。

Google Driveのファイルが「ファイル」レポートに表示されない場合はどうすればよいですか?

ドライブファイルが見つからない場合は、サービスアカウントのメール(JSONキーにあるclient_email)でファイルをお知らせください。


DomoのGoogle Drive Serviceコネクターを使用して、Google DriveアカウントからExcelファイルやCSVファイルを取得し、Domo DataSetとして出力します。