メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

Google Gmail Serviceコネクター

Version 1

 

Google Gmailは、世界中で使用されている高性能のメールサーバーです。Google Gmail Serviceコネクターを使用すると、Gmailの受信トレイからDomoにデータをプルし、メールデータのパワーを組み合わせて受信トレイを効率的に管理できます。Gmail APIについての詳細は、ウェブサイト(https://developers.google.com/gmail/api/)を参照してください。

Gmailサービスアカウントには、Data Centerから接続します。このトピックでは、Google Gmail Serviceコネクターユーザーインターフェースに固有のフィールドとメニューについて説明します。DataSetの追加や更新スケジュールの設定、DataSet情報の編集に関する一般的な情報は、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」で説明しています。

必要条件

Gmailサービスアカウントに接続してDataSetを作成するには、以下が必要です。

  • GoogleサービスアカウントJSONキー

  • サービスアカウントフローでアプリケーションが偽装するユーザーのメールアドレス

JSONキーを生成するには、次の手順を実行します。

  1. GCP Consoleで、[IAMと管理] ページを開きます。

  2. 左側のナビゲーションペインで [サービス アカウント] をクリックします。

  3. プロジェクトを選択して [開く] をクリックします。

  4. [サービスアカウントを作成] をクリックします。

  5. サービスアカウントの名前と詳細を入力します。

  6. [作成] をクリックします。

  7. [プロジェクト所有者] を選択します。

  8. [次に進む] をクリックします。

  9. [キーを作成] をクリックします。

  10. キーのタイプに [JSON] を選択します。

  11. [作成] をクリックします。

秘密キーがコンピューターに保存されます。

Gmail Serviceアカウントに接続する

このセクションでは、Gmail Serviceコネクターページの [認証情報] および [詳細] ペインのオプションについて説明します。このページの他のペインの項目である [スケジュール設定][DataSetの名前と説明] に関しては、ほとんどのタイプのコネクターで共通しています。詳細については、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」 を参照してください。

認証情報ペイン

このペインには、Gmailサービスアカウントにアクセスするための認証情報を入力するフィールドがあります。下表は、各フィールドに必要な内容を説明しています。

フィールド

説明

サービスアカウントJSONキー

GoogleサービスアカウントキーのJSONをコピーして貼り付けます。キーを作成する方法については、上述の「必要条件」を参照してください。

サービスアカウントユーザー

サービスアカウントフローでアプリケーションが偽装するユーザーのメールアドレスを入力します。

有効な認証情報を一度入力しておくと、随時同じアカウントを使用して新しいGoogle Gmail Service DataSetを作成できます。コネクターのアカウントはData Centerの [アカウント] タブで管理できます。このタブの詳細については、「コネクターのユーザーアカウントを管理する」を参照してください。

[詳細] ペイン

このペインには、メインの [レポート] メニューの他、選択したレポートタイプに応じて表示/非表示になるその他さまざまなメニューがあります。

メニュー

説明

レポート

実行するGmailレポートを選択します。以下のレポートが利用できます。

添付ファイルの詳細

指定したメッセージの添付ファイルを返します。

下書きメッセージの詳細

指定した下書きメッセージを返します。

履歴の詳細

指定したメールボックスへの全ての変更の履歴を一覧表示します。

ラベル

指定したラベルを詳細とともに返します。

メッセージ

指定したメッセージを詳細とともに返します。

スレッドの詳細

指定したスレッドを返します。

メッセージID

データを取得するメッセージのIDを入力します。メッセージIDは、「メッセージ」レポートを実行して見つけることができます。 

履歴ID

データを取得する開始履歴IDを入力します。これは、メッセージ、スレッド、または以前のリスト応答のhistoryIdから取得できます。

添付ファイルID

データを取得する添付ファイルのIDを入力します。 

その他のペイン

スケジュール設定、再試行、オプションの更新など、残りのコネクターインターフェースのセクションの詳細については、「データコネクターを使用してDataSetを追加する」を参照してください。


Google Gmail Serviceコネクターを使用すると、Gmailの受信トレイからDomoにデータをプルし、メールデータのパワーを組み合わせて受信トレイを効率的に管理できます。