メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

CourseBuilderに関するよくある質問

Version 1

 

CourseBuilderに関するよくある質問

CourseBuilderに関して疑問がある場合は、該当する回答がないか下のリストを確認してみてください。 

CourseBuilderとは何ですか?

トレーニングモジュールをAppとしてDomoに公開するeラーニング作成ツールです。Domo AppStoreで無料でご利用いただけます。

ダウンロードや起動が上手くいかないのですが。

ご迷惑をおかけします。起動や実行方法については、こちらの記事を参照してください。

トレーニングコンテンツ、動画、ドキュメントをトレーニングに使用できますか?

はい。Domoサービス契約の規定に従う範囲内であれば、使用できます。基本的に、Domoのトレーニング資産は社内のオンボーディングやトレーニング活動のみに使用でき、ライセンスを受けた組織外での営利目的の活動には使用できません。

最初から始めなくても済むように、トレーニングコンテンツにアクセスするにはどうすればよいですか?

Domo Universityウェブサイトチームトレーニングページにアクセスすると、多数のアセットを利用できます。ブランディング/ロゴを削除したバージョンのトレーニングアプリをダウンロードできます。これをCourseBuilderにインポートすれば、自分のトレーニングニーズに合わせて調整したり編集したりできます。 

動画を利用する場合は、Domo University動画ライブラリにアクセスします。自分のアプリで動画を使用する方法については、次のよくある質問を参照してください。また、ナレッジベースにある何千ものヘルプ記事へのリンクを提供することもできます。

Domo Universityの動画をアプリで使用するにはどうすればよいですか?

CourseBuilderの適切なフィールドに動画IDを追加する必要があります。これらの動画IDを確認してAppで使用するには、次の手順を実行してください。

  1. https://university.domo.com/videos/に移動します。
  2. Appに追加する動画を探して開きます。
  3. ページのURLで、URLの末尾の部分をコピーします。例えば、次のURLであれば、オレンジ色の部分をコピーします:https://university.domo.com/videos/watch/cxaGNjODE6kFqCR61d-4E69XUwdn1h6U
  4. 次に、CourseBuilderでApp用に作成した動画ページ/テンプレートで、クラウド動画プロバイダーをOoyalaに設定します。
  5. その後、コピーした動画IDを、該当するフィールドに貼り付けます。

どのようなクラウド動画サービスを利用できますか?

YouTube、Vimeo、Amazon Web Services(AWS)、Ooyala、Vidyard、Verizon Digital Media Servicesをご利用いただけます。

自作のMP4動画をAppにアップロードできますか?

はい。CourseBuilderの [ファイル] ビュー/タブで、[ファイルを追加] を選択し、Appにインポートする動画ファイルを探して追加します (注記:動画ファイルのサイズは50 MB以下にする必要があります。このサイズを超過すると、AppをDomoに公開できない場合があります)。動画ファイルをインポートしたら、動画ページまたはテンプレートを作成し、[動画ソース] ドロップダウンメニューで、[動画ファイル] を選択します。既に動画をアップロードしている場合は、ドロップダウンリストからその動画を選択し、ページテンプレートに追加できます。

Boxなど、Domo SSO(シングルサインオン)外のリソースにリンクできますか?

通常は可能です。ただし、顧客管理者によっては、Domoインスタンス内からリンクできる外部ドメインを事前に制限していることがあります。そのような場合は、ユーザーがCourseBuilder Appからそれらのドメインへのリンクにアクセスする前に、特定のドメインをホワイトリストに登録するようにインスタンスの管理者に依頼する必要があります。

CourseBuilder Appに関連した、ブラウザーの制限はありますか?

はい。CourseBuilderはChromeに最適化されています。また、CourseBuilder Appは通常、Safariでも最適に機能し、大部分はMozilla Firefoxでも機能します。ただし、CourseBuilderはInternet Explorerブラウザーには最適化されていません。Internet ExplorerからCourseBuilder Appにアクセスすると、AppのUI要素とページ機能が機能しない可能性があります。よって、CourseBuilder AppへのアクセスにはChromeを使用し、特にInternet Explorerの使用は避けるようにしてください。

他に考慮すべき制限はありますか?

ユーザーがプロキシサーバーやVPNを介して会社のネットワークにログインしている場合、CourseBuilderからDomoインスタンスにAppを公開できない場合があります。ユーザーはVPNまたはプロキシサーバーからログオフし、標準ネットワークでインスタンスにログインし、そこからインスタンスにAppを公開する必要があります。

CourseBuilder AppをDomo内で全画面表示できますか?

現在、この機能はご利用いただけません。

CourseBuilderにAppをインポートしましたが、機能しません。どうしてですか?

いくつかの理由が考えられます。まず、インポートしようとしているAppが、編集可能なAppとしてCourseBuilderからエクスポートされていることを確認します。次に、親Appフォルダーを選択し、そのフォルダーをダブルクリックしていないことを確認します。例えば、「Workbench Training」という名前の編集可能なAppをCourseBuilderにインポートする場合、[インポート] を選択し、「Workbench Training」という名前のAppプロジェクトフォルダーを探し、プロジェクトフォルダーをワンクリックで選択して、ダイアログボックスの [インポート] ボタンを選択します。Appプロジェクトフォルダーをダブルクリックしても、アップロードは開始されず、Appプロジェクトフォルダーに移動します。この場合、Appプロジェクト全体ではなく、編集可能なAppの一部のみをユーザーが誤ってインポートしてしまうことがあります。

Appの名前に句読点やその他の記号を追加できないのはどうしてですか?

現在、最初に作成するときにAppに付ける名前は、Appのアセットとファイルを格納するフォルダーのラベルに適用される名前になります。この名前に句読点や記号を追加すると、インポート、エクスポート、公開のプロセスでエラーが発生します。可能になるまでは、ソリューションを作成する際には、句読点や記号を含まない名前を使用する必要があります。 

編集可能なAppのエクスポート、Appのエクスポート、Appの公開にはどのような違いがありますか?

エクスポートされた編集可能なAppはCourseBuilderに再インポートできるとともに、ユーザーによる編集が可能です。Appのエクスポート(オプション3)でエクスポートされたAppは、開発者による編集が可能であり、CLI(コマンドラインインターフェイス)経由でDomoに公開できます。公開されたAppは、自分がアクセスするための認証情報を持つインスタンスに公開され、インスタンスによりDomo内のアセットライブラリに配置されます。

指定したフレームの動画が機能しない、または動画が表示されません。MP4動画がAppにインポートされません。

クラウド動画サービスプロバイダーを使用している場合は、適切なフィールドに正しい動画IDがコピーされており、正しいクラウドサービスプロバイダーが選択されていることを確認してください。MP4動画を追加する場合は、動画ファイルの拡張子が「.mov」や「.screenflow」ではなく、「.mp4」となっていることを確認してください。動画のサイズが大きすぎる場合は、動画のアスペクト比の変更、動画の分割、動画の圧縮が必要になることもあります。以下に、動画のファイルサイズを小さくするためのお勧めの方法を紹介します。

動画ファイルをCourseBuilderにインポートする前に、動画のファイルサイズが50 MB(50,000 KB)以下であることを確認してください。動画のファイルサイズがこの制限を超えると、CourseBuilderへのインポートサイズとしては大きすぎると考えられます。動画ファイルのサイズを小さくして最大50 MB未満にするには、次に挙げるいくつかの手順を使用できます。

  • 解像度を下げる:MP4動画サイズを小さくするための最もお勧めの方法が、動画の解像度/アスペクト比を1280x720(別名720p)以下にする方法です。  

  • 動画の長さを短くする:通常、動画の長さは5分以下に制限してください。最適な動画の長さは3分以下です。動画がこれらの推奨時間を超えている場合は、複数の動画に分割することをお勧めします。

  • 動画ファイルを圧縮する:動画圧縮ソフトウェアを使用して動画を圧縮すれば、品質を犠牲にすることなく、動画ファイルのサイズを小さくすることができます。ただし、この方法では通常、動画を圧縮するためのソフトウェアツールを使用しなければならず、このような作業を行ったことがある人のサポートが必要になる場合があります。この作業を行う上で役立つさまざまなオンラインリソースも用意されています。


CourseBuilderに関して疑問がある場合は、該当する回答がないかこのよくある質問のリストを確認してみてください。