メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

スピードメーター

Version 7

パネルは、目標達成に向けた進捗を示すシンプルなチャートです。 スピードメーターは、自動車のスピードメーターに外観が似ており、現在値の目標への近さを示すために動く「針」があります。 スピードメーターには6つまでの範囲を含むことができます。 Domo の他のタイプのパネルとして、数字パネル塗りつぶしパネル進捗パネルフェイスパネルと、比較塗りつぶしパネルがあります。

スピードメーターを作成する

スピードメーターは、DataSetから2つのデータ列またはデータ行のみを必要とします。1つにはカテゴリが含まれ、もう1つには値が含まれます。 これにより、範囲のない「必要最小限」のスピードメーターが作成されます。 スピードメーターでは、チャートの設定で異なる範囲を最高6つまで指定することができます。 範囲に関する詳細は、パネルのプロパティを設定するおよびチャートの設定を参照してください。 値、カテゴリー、系列データについては、チャートデータについてを参照してください。

スピードメーターの最大値は、現在値に基づいて自動的に決定されます。 例えば、現在値が80である場合、最大値は100に設定されます。 現在値が150である場合、最大値は200に設定されます。 ただし、範囲を指定することにより、カスタムの最小値と最大値を設定することができます。 最初の範囲の最小値はパネルの最小値で、最後の範囲の最大値はパネルの最大値です。

デフォルトでは、メニューの集計値で集計なしを選択しても、チャートの最終値を出すために、値列の全ての値を合計します。 これは、このグラフタイプの一般 > 値チャートのプロパティが、デフォルトで合計に設定されているためです。 このプロパティは、値の集計メニューで選択されたものに加えて、チャートの値で2つ目の集計を行います。

注記:チャートに集計値が2つあることは通常望ましくないため、値の集計メニューで集計なしを選択し、チャートの設定一般 > 値メニューで希望する集計を選択します。

データの集計については、データを集計するを参照してください。

カードビルダーで、スピードメーターのデータを含む列を選択します。 データ列を選択する方法に関しては、DataSet 列をチャートに適用するを参照してください。

カードビルダーでチャートをフォーマットする方法の詳細は、KPI カード作成パート 2: カードビルダーを参照してください。

次の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのデータがどのようにスピードメーターに変換されるかを示しています。

radial_gauge_spreadsheet_example.png

スピードメーターパネルをカスタマイズする

スピードメーターの外観は、チャートの設定を編集することでカスタマイズすることができます。 チャートの設定の全オプションについては、チャートの設定リファレンスガイドを参照してください。 パネルのプロパティに関する詳細は、パネルのプロパティを設定するを参照してください。

プロパティ

説明

一般 > 数値

値列の値がどのように集計されるかを決定します。 オプションには、合計平均などのほか、スピードメーターの1行目最後の行の値を取る、1行目と最後の行があります。 デフォルトのオプションは合計です。 ここで選択する集計は、値集計メニューで選択する集合に追加されます(例えば、値集計メニューで平均を選択し、チャートの設定合計値を選択すると、パネルの値は各カテゴリの合計平均となります)。

グラフで集計した値が2つあることは通常望ましくないため、値の集計メニューで集計なしを選択し、チャートの設定一般 > 値メニューで希望する集計値を選択します。

範囲 1-6 > 最小値

選択した範囲の最小値を指定できます。

範囲 1-6 > 最大値

選択した範囲の最大値を指定できます。

範囲 1-6 > 色

選択した範囲の色を選択できます。