メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

サンバーストグラフ

Version 3

はじめに

サンバーストグラフは、DataSetの列どうしの階層関係を表すのに最適です。1つのリングが各階層レベルに相当します。最も中心に近いリングは階層の最上部を示し、残りのリングは中心から外側に向かって順次、表すレベルが下がっていきます。小さいセグメントは、階層内における上部階層の一部を表現しています。セグメントの相対的な大きさは、そのセグメントの値の大きさを示しています。サンバーストグラフには、最大5つまでリングを組み込むことができます。  

次の例は組織の上位顧客の階層を示しており、最も中心に近いリングに3つの顧客地域(南北アメリカ、アジア太平洋、欧州中東アフリカ)が表示されています。これらはそれぞれ、第2リングの構成クラス(A、B、C)に分かれています。最後に、第3のリングは、各地域のそれぞれのクラスに該当する顧客を示しています。  
 

sunburst_rings.png

サンバーストグラフを作成する

このタイプのグラフは、DataSetから3つ以上の列または行のデータを必要とします。グラフの各セグメントのサイズを決定する値列と、リングとして表す少なくとも2つのカテゴリー列です。最大5つのカテゴリー列を合計5つのリングに適用できます。リングは、Analyzerに適用された順にグラフに表示されます。まず [地域] 列を [カテゴリー1] フィールドにドラッグすると、そのカテゴリーは最も中心に近いリングとして表され、[顧客] を [カテゴリー2] フィールドにドラッグすると、第2のリングとして表されます(以下同様)。値とカテゴリーデータの詳細については、「チャートデータについて」を参照してください。

Analyzerでサンバーストグラフのデータを含む列を選択します。データ列の選択の詳細については「DataSetの列をチャートに適用する」を参照してください。

Analyzerでチャートをフォーマットする方法の詳細については「 KPIカード作成パート2:Analyzer」を参照してください。

次の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのデータがどのようにサンバーストグラフに変換されるかを示しています。

sunburst_spreadsheet_example.png

サンバーストグラフをカスタマイズする

サンバーストグラフの外観は、[チャートの設定] を編集することでカスタマイズできます。チャート設定の詳細については「チャートの設定」を参照してください。サンバーストグラフ固有のプロパティには以下が含まれます。

プロパティ

説明

一般 > 値のフォーマット

通貨記号を値に追加するかどうかを決定します。

一般 > 値(小数位)

値の小数点以下の桁数を決定します。

一般 > %値(小数位)

パーセント値の小数点以下の桁数を決定します。