メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base

テキストボックス

Version 7

 

はじめに

テキストボックスは、部分的なテキストを表示するのに使用します。 テキストは DataSet の1つのセルに収まる範囲であれば、どれだけ長くてもかまいません。またどんな文字も使用できます。 テキストは中央揃え、左揃え、右揃えに書式設定することができます。また、余白スペースを設定することもできます。 さらに、DataSet からのテキストを上書きするようテキストを指定したり、マクロを使用して特定の値の列を参照したりすることもできます。

テキストボックスの追加

テキストボックスには、DataSet から2列または2行のデータが必要です。 そのどちらかに、テキストボックスに表示させるテキストが入っている必要があります。 テキストボックスに動的な値を含める予定がない限り、第2の列の内容は関係ありません。 その場合は、目的とする値の列をオプション値フィールドにドラッグしてから、マクロを使ってチャートの設定 > 一般 > 値でその列を参照します。

値、カテゴリー、系列データについては、チャートデータについてを参照してください。

カードビルダーで、テキストボックスのデータを含んでいる列を選択します。 データ列を選択する方法に関しては、DataSet 列をチャートに適用するを参照してください。

カードビルダーでチャートをフォーマットする方法に関しては、 KPI カード作成パート 2: カードビルダーを参照してください。

次の図は、典型的な列ベースのスプレッドシートのデータがどのようにテキストボックスに変換されるかを示しています。

テキストボックスをカスタマイズする

棒グラフの外観のカスタマイズには、いくつか方法があります。 チャートの設定で設定することにより、様々なカスタマイズをすることができます。 チャートの設定の全オプションについては、 チャートの設定リファレンスガイド を参照してください。 棒グラフ固有のプロパティには以下があります。 サムネイル画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。

プロパティ

説明

一般 > テキスト

テキストボックスのテキストをカスタマイズすることができます。 DataSet からくるテキストは、ここで入力されたテキストに上書きされます。 ここでマクロ%_VALUEを使用し、適用した列の数値をオプションの値フィールドに挿入できます。 例えば、ボックスのテキストで「今日のノルマは[なにかの値]」としたい場合」、今日の割り当ては%_VALUEをこのフィールドに入力します。 列に集計しないが設定されていることを確認してください。

一般 > フォントサイズ

テキストボックスのテキストのフォントサイズを選択することができます。 小から特大まで様々なサイズが利用できます。 デフォルトを選択した場合、利用できるスペースに最も適したサイズが選択されます。 従って、利用できるスペースが最大の場合は、「特大」が使用されます。

一般 > フォントスタイル

テキストのスタイルをプレーン、太字、斜体、太字斜体から選択できます。

一般 > フォントの色

テキストの色を選択できます。

一般 > 横方向のテキスト調整

横方向のテキスト調整を選択します。 右の例では、同じテキストを左揃え、中央揃え、そして右揃えにしたものを示しています。

一般 > 縦方向のテキスト調整

テキストボックス内のテキストを上揃え、上下中央揃え、下揃えに表示するかを決定します。

一般 > 上部余白

テキスト上部のスペースの量をピクセルで決定します。

一般 > 下部余白 

テキスト下部のスペースの量をピクセルで決定します。 

一般 > 左余白 

テキスト左側のスペースの量をピクセルで決定します。 

一般 > 右余白 

テキスト右側のスペースの量をピクセルで決定します。