メインコンテンツまでスキップ
waffle.svg
Domo Knowledge Base - 日本人

トラブルシューティング

Version 5

はじめに

Domo でトラブルシューティングする時は、以下の情報を参考にしてください。

Domo の機能で、アクセスできないところがあります。

この場合は、目的の機能に対する十分なアクセス権がないことが考えられます。 Domo には、「参加者」(通常は「閲覧のみ」のアクセス権)から「管理者」(全ての機能、カードと社内 Domo 内の全てのページへのアクセス権)まで、数段階のレベルのアクセス権があります。 Domo の機能と必要なアクセスレベルの一覧については、セキュリティ権限に関するリファレンスを参照して下さい。  

パスワードを忘れました

Domo にサインインするためのパスワードを忘れた場合、サインインに使用しているメールアドレスがあれば、サインイン ダイアログからパスワードを変更することができます。 詳細は、忘れた、または有効期限が過ぎたパスワードを変更するを参照してください。

サインインに使うメールアドレスが思い出せない場合は、サインインが可能な他の人に、メールアドレスが何になっているかユーザープロフィールを調べてもらってください。

パスワードの期限が切れました / 期限が切れます

パスワードの期限が切れた時、期限が近づいた時は、リセットすることができます。 詳細は、忘れた、または有効期限が過ぎたパスワードを変更するを参照してください。

ワークシート名変更後、スプレッドシート更新の際エラーが表示されます

スプレッドシートを更新する時、Domo はスプレッドシートとワークシートの名前を使ってデータ更新をします。 詳細は、KPI カードの DataSet をアップデートまたは更新するを参照して下さい。

ワークシートの名前を変更すると、Domo はスプレッドシートのデータを更新できなくなる場合があります。 ワークシートの名前を元に戻してからスプレッドシートの更新を行います。

探しているページやカードが見つかりません

ページやカードが自分とシェアされていない場合は、それを閲覧することはできません。 ページやカードにアクセスできる人に、自分とシェアするよう依頼してください。 シェアされたコンテンツは、自分の共有ページに表示されます。 詳細は、コンテンツのアクセス権をシェアするを参照してください。

値の目盛りとデータラベルの値を同期させることができません

チャート編集の際、次のいずれかのオプションを使用すると、値の目盛りりとデータラベルで数値を確実に同期させることができます:

  • フォーマットメニューを使用し、数字の書式を設定する (数値メニューの下にある、追加のオプションをクリックする)。
    このオプションにより、値の目盛りと吹き出しテキストを同期させることができる一方で、以下の問題が発生します:

    • 変更が反映されるのはホバーラベルのみです。パーマネントデータラベル(チャートの設定 > データラベルの設定 > 表示する > 常にを選択して適用)には変更が反映されません

    • チャートの設定にあるように、詳細な書式オプションがありません。

    • チャートの設定で書式の変更を行うと、フォーマットメニューの書式に優先されます。
      そのため、Domo では、可能な限りチャートの設定を使用した書式指定を行うことを奨励しています。

  • 書式の設定は、チャートの設定 > データラベル設定で、目盛りの書式を使用ボックスおよび目盛りの略称を使用ボックスをチェックして行います。 また、表示 > 常にが選択されていることを確認します。

詳細は、チャートの値をフォーマットするチャートのデータラベルと吹き出しテキストをフォーマットするを参照してください。

円グラフ・ドーナッツグラフで、ソートができません

デフォルトでは、ソートメニューを使用してパイやドーナッツグラフのスライス表示の順序を変更することはできません。 ただし、チャートの設定並べ替えされていないデータボックスにチェックすることで、ソートを使用して並べ替えの順番を変更することができます。

円グラフとドーナツグラフに関する詳細は、円グラフドーナツグラフをそれぞれ参照してください。 ソートに関する詳細は、チャートのデータをソートするを参照してください。

ファネル型棒グラフ / 横型ファネルでソートができません

ファネル型棒グラフおよび横型ファネルグラフは、データの段階的な減少を示すよう意図されているため、データは自動的に最大数値から最小数値へと並べられています。 こうしたタイプのグラフのソート順を変更することはできません。 ただし、標準的なファネル型グラフのソートはできます。

縦型ファネル型グラフに関する詳細は、縦型ファネルグラフを参照してください。 ソートに関する詳細は、チャートのデータをソートするを参照してください。

データがあるはずなのに、マップではその部分にデータが表示されません

マップのエリアにデータが表示されない時は、その部分が灰色表示となり、凡例では「データ無し」と表示されます。

該当エリアにデータが存在しても、名前またはコードが不正確なために、マップがデータに適切に接続されていないかもしれません。 これを解決するには、マップの部分の名前またはコードを変更します。 使用しているマップに対応した名前とコードのリストを参照してください。

以下のいずれかを行います:

  • DataSet 内の数値を変更する

  • または、Beast Mode 計算を使って、値の名前を変更し(新規に、変換された列に)、そのエリアの列の名前(州、国など)を設定して、変換された列で使用します。

    例えば、「壊れた」エリアを変換するには、 CASE機能を使うことができます。次の例は、 RenState という列で、列中の「Californai」という綴りの間違いを、列内で「California」に変えています。

    CASE `State`
     when 'Californai' then 'California'
    else `State`
    end

    Beast Mode の詳細については、Beast Mode を参照してください。

Connector アカウントのパスワードを変更したい

手動でアカウントの認証情報を入力する必要がある(つまり OAuth を使用しない) Connector の場合は、アカウントタブでそのアカウントのパスワードを編集することができます。

  1.  > データセンターをクリックします。

  2. アカウントをクリックします。

  3. 編集したい項目にマウスポインタを合わせ、編集をクリックします。

  4. 必須フィールドの認証情報を編集します。

  5. 変更を保存するをクリックします。

詳細は、Connector のユーザーアカウントを管理するを参照してください。

DataSet を MySQL の DataFlow に読み込もうとすると、「この DataSet を読み込むことができません」のエラーメッセージが表示されます

このエラーは、通常以下のいずれかが原因です:

  • 列のヘッダー名が 64 文字の制限を超えている。

  • 列の中に 1024 文字の制限を超える行レベルのデータがある。

問題が列のヘッダー名の場合は、それは DataSet を閲覧することで確認することができるはずです。

制限を超える行レベルのデータのあるかを確認するには、さらに調査が必要です。 データプレビューを見て、(あたかも行に文章が入っているかのように)幅が広くなっている列がないかを確認します。

また、DataSet を Redshift DataFlow に引き込み、LEN関数を使ってデータの長さを確認できるほか、MAX関数で各列の最大文字数を確認することができます。 詳細については、SQL DataFlow を作成するを参照してください。

注記: MYSQL や Redshift と異なり、Magic にはヘッダーと行の上限はありません。 カードは 1024 文字以上ある列を読み込みますが、その行のデータは自働的に上限で切り捨てられます。   

カードを保存しようとするとエラーになります

この問題はキャッシュやクッキーをクリアし、一度ブラウザを閉じて再実行することで解決できる場合があります

データ列の中のテキストが切り捨てられてしまいます

Domo には、1024 文字という上限があります。 それ以上の文字は切り捨てられます。 これは、テキストを 2 列に分けて字数を制限内に収めることで解決できます。 ただし、Domo に引き込む前に自分のデータで行っておく必要があります。

Sharepoint データにアクセスしたいのですが、Connector が利用できません。

Sharepoint への接続は複雑なため、Connector は提供されていません。 ただし、 Domo CSM またはサポート担当者に Sharepoint データへのアクセス方法を問い合わせることができます。